頭から抜けがちな〘一戸建ての修繕費〙について



一戸建ての修繕について


マンションの場合は毎月修繕金が積み立てられていきますが、一戸建ての場合はどうなっているのでしょうか?

頭から抜けがちな項目になりますが、購入前にしっかりと考えなければならない項目でもあり、とっても重要です。


◎主だった修繕箇所




外装:外壁、屋根、バルコニー、雨どい、シロアリ対策

内装:キッチン、浴室、トイレ、クロス、フローリング

設備:給湯器など

内装の一部部分については、気にならないからやらないでも問題はありませんが、屋根や外壁などは放置をしておくと雨漏れなどに繋がります。

また、生活に直結する給湯器の交換なども、やらざるを得ない修繕です。

アットホーム社の調べによりますと、築19~26年の間に実施している家庭が多いよう。

様々な箇所の修繕が必要となりますが、同時に行うのではなく何度かに分けて行っているそうです。


◎それぞれの箇所、費用の目安は?




では、それぞれの修繕を行う場合、費用はいくら位必要でしょうか?

2016年のアットホーム社の調べによりますと、

屋根   約137万円
外壁   約135万円
キッチン 約131万円
お風呂  約107万円
クロス  約71万円
トイレ  約51万円
給湯器  約49万円
洗面台  約30万円

総額556万円にも上るとの事です。

一戸建ての修繕費用は、大体600万円~800万円とも言われており、建物立地や気候条件によって大きく価格が変わります。

仮に556万円を20年で積み立てるとなると、年27.8万円(月2.3万円)の積み立てが必要となります。

これはマンションの積立金とほぼ同額となります。

ちなみに、積立をしていなかった家庭は、ボーナスや退職金を利用している様です。


 ◎どのタイミングで行う?




外壁:一般的には10年が修繕の目安とされております。雨や紫外線により最も劣化が早い箇所です。

バルコニー:外壁や屋根と一緒に行う事が多いです。

キッチン:耐用年数は10~20年とされております。内装リフォームをする際に一気に取り換える家庭が多いようです。

お風呂:耐用年数は10年とされております。部分的な修繕で済む場合と、総取り換えが必要となる場合があります。

トイレ:耐用年数は15年とされております。

洗面台:耐用年数は15年とされております。

雨どい:耐用年数は20年とされております。


 ◎まとめ


将来的に必ず必要となる修繕費用は、一戸建ての購入前に資金調達について、ある程度検討して下さい!

お子様が生まれたタイミングで一戸建を購入される場合、丁度お子様が大学生の頃に修繕が必要となります。

お子様の学費やご自身のお仕事について、将来のライフプランを組んでおくと、より安心かと思います。


アットホーム社による一戸建て修繕実態調査▶クリック


 ◎KEIAI聖蹟不動産センターへのお問合せ



公式ホームページはこちら▶クリック

お問合せフォームはこちら▶クリック

seiwa homeの公式ホームページはこちら▶クリック

Instagramはこちら▶クリック




株式会社成和
seiwa home

KEIAI聖蹟不動産センター

東京都多摩市連光寺1-22-1
連光寺中野ビル

TEL:0120-000-462
MAIL:towns@seiwa-constr.co.jp




前へ 「マンションの管理体制、自主管理マンションとは?《KEIAI聖蹟不動産センター》」

記事一覧

「KEIAI聖蹟不動産センター《売主直売》、横浜市内の庭付き一戸建て...♪」 次へ