後悔も失敗もしない外構造り!オープン外構の留意点とは?


こんにちは。

KEIAI聖蹟不動産センターの古川と申します。


欧米では主流のオープン外構

唯一外から見える外構は住宅の顔ともいえます。

特に、オーダー住宅を検討する際には、こだわりたいポイントですよね。

しかし見栄えだけではなく、住んだ後のことも考えて、選ぶ必要があります。

本日は、オープン外構のメリットデメリットを、簡単に解説していきます!


そもそもオープン外構とは?



上記写真のように、住宅と道路の境界を堀やフェンスで囲わず、住宅やお庭が外から見える外構の事。


オープンといっても、植え込みや樹木・門柱やポスト等を用いて、必要なのプライバシーを確保しつつ、所有土地と道路を境界していくのが一般的です。


オープン外構のメリット


開放的な住宅に


開放感があり圧迫感が無い為、土地の広さが確保できない住宅に、特にオススメです。

また、有効的に土地を使用できるので、お庭などのスペースが確保できます。


価格が安い


塀やフェンスを使用しない為、外構工事費用が抑えられます。

接道距離が長い住宅程、大きなコスト削減になります。


オープン外構のデメリット


●セキュリティ面

塀やフェンスが無い為、敷地内へ侵入しやすくなります。

塀やフェンスが無い為、不審者侵入の場合は隠れる場所がなく安全だと考えられますが、敷地内への侵入は様々なケースが考えられます。

まず、お住まいの地域によっては、動物の侵入も考えられます。

また、お散歩の犬が侵入してきておしっこをかけられる等、よく耳にしますね。

他には、道のショートカットのため、敷地内と通り抜けされる等。


プライバシー面

前面道路から目線を遮るものが無く、住宅の中が丸見えなんて事もあります。

お風呂や洗面所等は道路から見えない場所に配置するなど、間取りレイアウトの工夫が必要となります。

リビングが道路に面している住宅は、植栽等で目隠しをする必要もあります。


子供やペットの飛び出し注意

道路との境界に障害物が無い為、お子様が道路に飛び出す危険性があります。

交通量の多い立地の場合や、抜け道みたくなっている道路に面している場合、しっかりとした対策が必要となります。


こんな人にオススメ


●景観づくりに貢献できる方


オープン外構は道行く人にお庭やエクステリアを楽しんでもらえます。

街の景観づくりに貢献しながら暮らせるので、自分ひとりでガーデニングを楽しむのではなく、みんなに楽しんで欲しいと考える方にピッタリ。


●工事費用を抑えたい方


新築時の予算に限度がある場合、オープン外構がオススメです。

どうしてもクローズ外構にしたい場合は、予算に余裕が出来てからや、徐々に追加工事をしていく等、様々な方法がありますので、最初から無理にフェンス等を設置する必要はないですよ。


外構工事は弊社でも



多摩地域のご依頼は株式会社成和にて承っております。

外構工事だけも承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さいませ。

資金相談、土地購入、注文住宅建築、外構工事、庭園造成、ワンストップでお任せ下さい!


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

株式会社成和(seiwa home)

KEIAI聖蹟不動産センター

東京都多摩市連光寺1-22-1
連光寺中野ビル

TEL:0120-000-462
MAIL:towns@seiwa-constr.co.jp

営業時間:9:00~18:00

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□






前へ 「KEIAI聖蹟不動産センター《売主直売》、横浜市内の庭付き一戸建て...♪」

記事一覧

「親子リレーローンの借入条件は...?」 次へ